鍵のトラブル!そんな時どうすればいいのか

鍵のトラブル!そんな時どうすればいいのか

鍵

家に帰ったら鍵がない

今まで、盗難にあったり、壊してしまったりといったトラブルを体験した人は多いと思われます。筆者も昔、グアムに海外旅行に行った際にレンタカーのレンタルの手続きをしている隙を狙われ、かばんを盗まれました。幸い大したものは入ってなかったし、旅行保険に入っていたので金銭面的な損失はありませんでしたが、携帯電話の写真は戻ってきませんでした。
なお、携帯電話解約前に、最後にどこで通話していたか記録を見ると、イタリアだったそうです。

で、ここからが本題ですが、そんなトラブルの中でも、かなり多いのが、「落っことしてしまう」といった、いわゆる紛失です。
世の中に悪い人は結構いるのですが、盗まれるケースは思ったよりも多くありません。なくした原因は、誰のせいでもなく、自分の「うっかり」のせいだったということが一番多いそうです。
よって、ここでは鍵の紛失のお話をしていきます。

家に帰ったら、家の鍵がない

鍵の紛失で、一番手痛いのはやはり家の鍵です。家の鍵がなければ家に入ることが出来ないからです。家に誰か居るのであれば、チャイムを鳴らして開けてもらうのが一番良い手段ですし、同居している人がいるのであれば、家に居なかった場合は携帯電話で電話して開けてもらったり、帰ってくるまで待つといった手段がとれます。
しかし、一人暮らしをしている場合は、そうはいきません。家に帰っても誰も居なければ、自分以外に鍵を持っている人は居ないのですから。
そうなってしまうと、一軒家で生活している場合は、何らかの対策を取らなければ、家に入ることができなくなってしまいます。

対抗策

一番良い手段は、ズバリ、鍵を「落とさない」ことです。ポケットに入れておくのではなく、かばんに入れていたり、無造作にポケットに突っ込むのではなく、キーホルダーを付け、それをチェーンにくくりつけておけば、落としたとしてもすぐに分かります。
一番落としやすいのは、キーホルダーもつけずに鍵をそのまま持つことです。キーホルダーはつけていたほうが何かと便利なので、つけておくことをおすすめします。
また、一人暮らしの場合、アパートやマンション住まいの場合は、なくしても入れます。

個人宅の場合は、家に入る手段がない場合は、急いで鍵業者さんに連絡をし、問題を解決しましょう。