鍵のトラブル!そんな時どうすればいいのか

鍵のトラブル!そんな時どうすればいいのか

鍵

ガードプレート

ピッキングが難しくなったことにより、空き巣の業界では更に別な方法が編み出されました。主な手段として、サムターン回しや、シンプルに鍵を壊して進入するという手段もあります。
もちろん強引に壊した場合、侵入された形跡がまるまる残るので警察も追跡がしやすいのですが、問題はこじ開けられることによって起きる金銭的なトラブルです。壊れた扉をそのままにしていては泥棒が入りたい放題になってしまうからです。よって、このような方法を防ぐために、ガードプレートがあります。
ここでは、新たな手段であるサムターン回しや鍵こじ開けの手口、そしてそれに最も効果的な防御手段であるガードプレートについて紹介します。

サムターン回し

サムターン回しとは、鍵を内側から開ける方法です。外側から鍵を開ける場合、ピッキングなどでしか開けることは出来ませんが、内側からならば、開けるもしめるも簡単に行えます。よって、様々な手段を使い、内側から鍵を開けていきます。
一番多いケースとして、ドアの隙間や郵便受けから金属の棒を差し込み、サムターンを回して解錠させる方法です。サムターンがどこにあるのか目視は出来ませんが、鍵穴から場所はカンタンに特定できるため、開けるのが非常に簡単です。
また、最終手段としてドリルなどで穴を開け、穴に金属の棒を差し込むといった強引な手段も使われています。この場合は痕跡が残るのでリスクが多いのですが、それでもこの方法を使用する犯罪者は多いです。

こじ開ける

これはバールを使い、無理やりこじ開けるという方法であり、それ以上でもそれ以下でもありません。シンプルですが効果は絶大であり、頭を殆ど使わなくても侵入できます。もちろん、痕跡がモロに出るのでリスクは相当高いですが、ドアが破壊されることにより、様々なデメリットが生じるのでできる限りやられたくない方法です。

このように、どちらも基本的に力任せの犯罪方法であり、ピッキングが難しくなったことにより、このような手段で入る人が増え始めました。
これを防ぐ効果があるのが、ガードプレートです。
名前の通り、ガードするためのプレートであり、ドアの隙間を防いだり、穴を開けられないように頑丈な構造になっているため、シンプルですが防犯効果は極めて高いです。
もちろん、時間をかければ穴を開けることが出来ますが、時間をかければかけるほどリスクが増えるので、ガードプレートがあるだけでも空き巣除けには十分効果があります。