鍵のトラブル!そんな時どうすればいいのか

鍵のトラブル!そんな時どうすればいいのか

鍵

ディスクシリンダー

今では、あまり使われることはなくなってしまいましたが、ディスクシリンダーについて説明していきます。
ディスクシリンダーとは、ディスクタンブラーというタンブラーを用いていることからその名前がつきました。
ディスクタンブラーも、ディンプルキーの項目で説明したピンタンブラー錠の仕組みであり、ディンプルキーが出来る前の主な鍵として使用されていました。今でも90年代に建てられた家では使用されている鍵であり、ギザギザした形状であることが特徴です。
累計数千万を超えるほどの鍵が作られ、現在でもトップシェアを保っている鍵です。

ディスクシリンダーキーのメリットは、故障が少ないということです。構造がシンプルなため、故障することが少なく、多少すり減っていたとしても問題なく使用することが出来ました。また、鍵の配列のバリエーションも豊かであり、当時では防犯性が最も高いとされ、主流となっていました。
しかし、その当時はまだピッキングの知識や概念がなく、ピッキングの知識が広まると同時に、ディスクシリンダーキーの有効性は著しく下がってしまいました。その後、ディスクシリンダーもピッキング対策に改良が加えられ、防犯性は上がりましたが、それでも基本構造が変わっていないため、焼け石に水の状態でした。
その後、ディンプルキーの登場により、急増したピッキングによる空き巣の案件は下がり、ディスクシリンダーキーは正式に製造中止になりました。

ディスクシリンダーキーと形状が似ている鍵があります。この鍵は、ピンタンブラーキーと呼ばれています。
一見、見た目はディスクシリンダーキーと酷似していますが、大きな違いがあります。その違いは、鍵の形状です。ピンタンブラーキーはギザギザが片側にしかついていないのに比較し、ディスクシリンダーは両側にギザギザがついています。
こちらもディスクシリンダーキーと同じく、ピッキングが容易です。

この2つの鍵で注意しなければならないことは、鍵のギザギザです。
鍵のギザギザが少なかったり、溝が浅いものはピッキングがこの中でも特に容易なものであり、開けやすい鍵とされています。
今ではピッキングのリスクが増えたことから空き巣の件数はたしかに減っています。しかし、あくまで減っているだけであり、0というわけではありません。